あんぽ柿の加工 最盛期 

福島の果樹農家 佐藤さん一家

 7日は立冬。暦の上では冬となりました。 
 東日本大震災で福島県から伊那市に自主避難した果樹農家・佐藤浩信さん一家は、福島の名産・あんぽ柿の加工作業に追われています。
 東日本大震災の翌年に伊那市西箕輪に植えた柿は、今年初収穫を迎えていました。
 20アールの畑に60本が植えられています。
 今年は台風の被害を受け、何本か根元から倒れてしまいましたが、予想より多くの実が収穫できました。
 植えられているのは平核無という品種の柿です。今年は1トンほど収穫できそうだということです。
 ここ数日冷え込みが厳しくなってきたことから佐藤さんは収穫を急いでいました。
 佐藤さんの自宅に隣接して柿の加工場があります。
 山梨から仕入れた甲州百目という品種の柿もあんぽ柿に加工します。
 佐藤さんの3男・孝樹さんが、加工作業を行っています。
 佐藤さんは、福島県で、ギフト用の高級果物を主力商品として扱ってきました。
 今年、あんぽ柿は、大手百貨店のお歳暮に採用され、8個で5千円の商品として販売されます。
 加工場の2階は、窓がすべて開放できるようになっていて、風を当てて乾燥させます。
 あんぽ柿づくりは今月1日から始まっていて、1か月ほど乾燥させると完成です。
 販売は年内が勝負だということです。




放送日:2017年11月7日(火曜日)