交通死亡事故の現地診断

箕輪町木下の町道8号線

先月箕輪町木下の町道8号線で発生した交通死亡事故の現地診断が6日行われました。
事故は現場近くに住む88歳の女性が道路を横断中、箕輪町内の76歳の女性が運転する軽自動車にはねられ死亡したものです。
先月19日の午後5時25分に事故がありその時は雨が降っていたということです。
6日は警察や行政、町交通安全協会などおよそ20人が事故現場を確認し対策について意見を交わしました。
町道8号線は国道153号とバイパスを結ぶ道路で事故当時、交通量が多かったということです。
また脇道に入るT字路の交差点が多いことから伊那署では「交差点があることをドライバーに知らせる看板のようなものが必要ではないか」と話していました。
伊那署管内の今年の死亡事故は5日現在で5件、去年は1年間で5件発生しています。




放送日:2017年11月6日(月曜日)