環状北線ルート案変更で中央と上の原の一部の用途地域変更案

環状北線の延伸ルート案が変更されたことを受けて、一定規模以上の店舗などの建設を規制する用途地域の変更案が、1日に開かれた伊那市都市計画審議会に示されました。

1日に開かれた伊那市都市計画審議会で事務局から変更案が示されました。
用途地域は住居地域商業地域、工業地域など12種類に区分され、それが変更されると一定規模以上の店舗や事務所、工場などが新しく建てられなくなるなどの規制があります。
環状北線の延伸ルート案が直線的に伊那バイパスに接続する案に変更されたことに伴い、その周辺地域にあたる中央と上の原の一部で用途地域を変更する案が示されました。

変更案の詳しい資料は、伊那市役所都市整備課窓口で閲覧する事ができます。

次回の審議会は12月27日に開かれ、変更案について審議会としての結論を出すことになっています。




放送日:2017年11月1日(水曜日)