シクラメン農家出荷前に大忙し

 伊那市境の大住農園では、冬を代表する花・シクラメンの出荷を前に、仕上げの作業に追われています。
 大住農園では、3棟のハウスで5千鉢のシクラメンを栽培していて、出荷は来月から始まります。
 シクラメンは、11月から12月に種をまき1年かけて育てます。
手間をかけた花の出荷を前に、この時期は仕上げの作業に追われるということです。
 大住農園によりますと、一斉に花を咲かせるためにホルモン剤を使用している地域もあるということですが、上伊那の農家は、ホルモン剤を使用しないようにしていているため長い期間花が楽しめるということです。
 「購入後、次々につぼみが出てきて、だんだん豪華になっていく様子を楽しんでもらいたい」と話していました。
 大住農園では、東京や名古屋、大阪などに出荷しているほか、ベルシャイン伊那店やグリーンファームなど地元の店舗でも販売しています。
 出荷作業は、来月から年内いっぱいまで行われるということです。




放送日:2017年10月26日(木曜日)