中国西安の幼稚園 村保育園視察 

 中国西安市の幼稚園の関係者が、12日、南箕輪村の中部保育園を訪れ、日本の保育の様子を視察しました。
 中部保育園を訪れたのは、中国西安市の嘉祥幼稚園の園長や保育士ら4人と、今回の訪問をサポートしている日中友好文化経済交流協会のメンバーです。
 訪問団は、園内を視察して回りました。南箕輪村内の5つの園と、西安市の幼稚園は、国際交流を行う調印を平成7年に結びました。
 以来、交流が続けられていましたが、国際情勢の変化などもあり、5年間ほど疎遠になっていました。
 交流協会のメンバーが、今年6月に西安市を訪れたことが縁で、交流を復活させ発展させようという運びとなり、今回、訪問団が村を訪れることになりました。
 訪問団は、園の設備について質問したり、園児と触れ合うなどしていました。
 年長クラスではハンカチ落としをして遊んでいましたが、中国にも同じゲームがあるということで、歌を紹介していました。
 今回の訪問受け入れの中心となった、西安出身で、日本に帰化した日中友好文化経済交流協会理事長の吉田(よしだ) 明玉(あきお)さんです。
この交流を保育園だけでなく、上伊那地域全体に広げていきたいと考えています。
 訪問団は、12日、南箕輪村長を表敬訪問したほか、高齢者福祉施設なども見学しました。
 一行は13日も、上伊那地域の施設を視察し、14日に帰国する予定です。




放送日:2017年10月12日(木曜日)