箕輪西小学校5年生 昔の道具で脱穀体験

箕輪町の箕輪西小学校の5年生は、総合的な学習の授業で育てた稲を、昔の道具を使って12日に脱穀しました。
この日は、箕輪西小学校の5年生19人と、児童の保護者や地域住民が作業をしました。
児童らは、5月中旬に田植えを行い、草取りや水の管理をして、9月下旬に稲刈りを行いました。
この日は、学校にある昔の道具を使って脱穀を行いました。
収穫したのはもち米で、11月18日の収穫祭で味わうということです。




放送日:2017年10月12日(木曜日)