ソースかつ丼の日 日頃の感謝の気持ちでサービス

10月10日は、伊那ソースかつ丼会が定めた「ソースかつ丼の日」です。
市内でかつ丼を提供している店では、値引きなどのサービスで日頃の感謝の気持ちを伝えました。

伊那市西箕輪の「青い塔」。
昼時には多くの客が訪れ、ソースかつ丼を味わっていました。

伊那ソースかつ丼会では、かつを揚げる時の「ジュージュー」という音から、語呂合わせで、10月10日をソースかつ丼の日に定めています。
1年に1度、日頃の感謝の気持ちを伝えようと、加盟店がそれぞれ値引きをするなどのサービスをしています。
青い塔では、通常1,150円のひれカツ丼が、1,000円で提供されました。

仕事で伊那を訪れたという男性は、どうしても食べたくなり、久しぶりに足を運んだと話していました。

青い塔は、昭和21年に開業し、今年で創業71年を迎えた老舗です。
毎年値引きだけでなく、かつ丼の無料券が当たるくじ引きも行っています。
青い塔の平澤正子さんは「みなさんが食べに来てくれるから頑張れる。みなさんの笑顔のために、これからも頑張っていきたい」と話していました。

伊那ソースかつ丼会では「感謝の気持ちを伝えるとともに、今後も愛される会にしていきたい。」と話していました。




放送日:2017年10月10日(火曜日)