福与諏訪社の秋の例大祭 子供みこし練り歩き

箕輪町福与では、福与諏訪社の秋の例大祭に合わせて8日に子供みこしが区内を練り歩きました。

福与区に住む保育園児から小学6年生までの子供60人が、みこしを担ぎました。
笹につけた提灯を持った行列が先頭を行き、みこしが続きます。
午前9時10分に福与公民館を出発し40分ほどかけて福与諏訪社を目指しました。
みこしは、区民一体となって元気になる地域づくりを進めようと平成23年度に発足した「福与と人を元気にする会」が手作りしたものです。
毎年秋の例大祭で担いでいて、今年で7年目になります。
今年は、新しく俵みこしを作りました。
会では、「子ども達に楽しんでもらい、賑やかな祭りにしていきたい」と話していました。




放送日:2017年10月8日(日曜日)