箕輪町の地域おこし協力隊と地元住民が交流

カボチャを使ったスイーツ作り

箕輪町の地域おこし協力隊と地元住民との交流イベントが4日に開かれ、10月末のハロウィーンにちなんでカボチャを使ったスイーツを作りました。

箕輪町の地域おこし協力隊の岡部園江さん、ルーカス尚美さん、五十嵐裕子さんの3人と地域住民7人が交流しました。
イオン箕輪店内にある地域交流スペースみのわ〜れで毎月1回開いているイベントです。

この日は、カボチャを使ったスイーツ作りを行いました。
加熱して柔らかくしたカボチャに砂糖や卵黄を加えてよく混ぜ、絞り袋に入れてカップに盛り付けます。
180度のオーブンで15分ほど焼くとスイートパンプキンが完成しました。
地域おこし協力隊では、自分たちの名前や活動内容を知ってもらい、地域の習慣や文化を学びながら今後に活かしていきたいと話していました。

交流イベントは次回、11月1日に開かれる予定です。




放送日:2017年10月4日(水曜日)