海外バイヤーが花卉農家を視察

海外に県内の花をPRしようと、長野県が招待した花のバイヤーが1日、伊那市内の花卉農家を視察しました。

香港、シンガポール、ロシア、アラブ首長国連邦から日本を訪れた8人が、伊那市東春近でトルコギキョウを栽培する潟tロムシードを訪れました。
これらの国では、自国での花き栽培をほとんどしておらず、輸入に頼っているということです。

県内産の花を海外にPRし、輸出拡大につなげていこうと、県が初めて行いました。
トルコギキョウは、切花として人気が高い品種で、日本では長野県が出荷量1位となっています。

訪れたバイヤーらは、説明を受けながら、花や作業の様子を写真に収めていました。
ロシア・ウラジオストクで花の卸売業をしているニキータさんは「写真を撮り過ぎてしまうぐらい綺麗な花ばかりだった」と話していました。

長野県では「国内での花の消費が減る中で、海外への販路の拡大も探っていきたい」と話しています。




放送日:2017年10月1日(日曜日)