7歳少女 「病気の子どものウイッグに」髪を寄付

 箕輪町の箕輪東小学校2年生の戸田 栄麻(えま)さん(7歳)は、病気で毛髪が抜けてしまったこどもたちのかつら(ウイッグ)に使ってもらおうと、1年間伸ばした自身の髪の毛を寄付しました。
 箕輪町長岡の箕輪東小学校に通う戸田栄麻さん7歳です。
 30センチ以上髪を長く伸ばしています。
 祖母の戸田真理子さんとともに、松島にある美容室・Room CHICORA(チコラ)に入っていきました。 
 美容師の大槻 拓真さんが、栄麻さんの髪をひと房ごとゴムでまとめていきます。
 栄麻さんは、去年の夏、真理子さんとともに、テレビを見ていた際、病気で毛髪が抜けてしまった子どもたちのために、ウイッグを作る活動があることを知りました。
 自分も役に立ちたいと、1年以上かけて髪を伸ばしてきました。
 祖母の真理子さんも、子どもにできるボランティアだと、栄麻さんを応援してきました。
 毛髪の寄付は、32センチ以上の長さが必要となります。
 それ以下にならないように、メジャーで長さを図って慎重に切っていきました。
 栄麻さんは、すっきりとしたボブスタイルになりました。
 栄麻さんの髪は、子どものためのウイッグをチャリティーで作る活動をしているNPOに送ります。全国の他の寄付者のものと合わせてウイッグになるということです。




放送日:2017年9月28日(木曜日)