二十二夜尊大祭

安産や縁結びなどを願う二十二夜尊大祭が、旧暦の7月22日にあたる12日、伊那市の丸山公園で行われました。 
二十二夜尊大祭は、坂下区の有志でつくる実行委員会が毎年行っているものです。
旧暦の7月22日は、月の出が1年で最も遅いとされ、この日に願をかけると願いが叶うと伝えられています。
また、短くなったロウソクを持ち帰り陣痛が始まったら火をつけるとロウソクが燃え尽きるまでに分娩が終わるとされています。
12日は、出産を控えた妊婦やその家族などが訪れ二十二夜尊の碑の前で手を合わせていました。
会場では、福引や屋台が並び家族連れで賑わっていました。




放送日:2017年9月13日(水曜日)