演劇で伊那西高校が県発表へ

上伊那高校合同演劇発表会

上伊那地区高校演劇合同発表会が10日、伊那文化会館で開かれ伊那西高校が県の発表会に出場することが決まりました。
発表会には上伊那の6つの高校が出場しました。
伊那西高校は電話を発明したグラハム・ベルとその助手のワトソン。
聴覚障害のあるメイベルを中心としたオリジナル作品「奇聞・ワトソンの回想」を演じました。
情報を伝える手段として開発した電話が人の自由を奪い、人間関係をゆがめているというベルの苦悩を表現したもので、今のSNS上での偏見や無責任な発言への警鐘が込められています。
県の演劇合同発表会は11月3日と4日に上田市サントミューゼで開かれ伊那西高校が出場するほか伊那弥生ケ丘高校の代表が講評委員として参加することになっています。




放送日:2017年9月12日(火曜日)