伊那中央病院の男性臨時職員 懲戒処分

患者の口座から無断で現金を引き出す

 伊那中央病院を運営する伊那中央行政組合は、入院患者のキャッシュカードを無断で使用し現金を引き出したとして、20代の臨時職員の男性を停職19日の懲戒処分にしたと発表しました。
 伊那中央行政組合の発表によりますと、事件を起こしたのは伊那中央病院に勤務する22歳の臨時職員の男性です。
 今年8月、男性職員は患者の依頼により病院のATMまで付き添い、キャッシュカードによる現金の引き出しの代行を行いました。
 その後、この職員は利用者のカードを無断で使用し、数回にわたって現金合わせて38万円を引き出したということです。
 患者の家族からの相談と職員本人からの申し出により事実が判明したということです。
 職員は、引き出した現金を家族へ弁済し、謝罪したということです。
 組合は、11日付けで男性職員を停職19日の懲戒処分とし、雇用の継続は行わないということです。
 また管理監督責任として看護部の52歳の女性職員を文書による厳重注意、58歳の女性職員を口頭での厳重注意としています。
 白鳥孝組合長は、「信頼のもとに勤務すべき職員としてあるまじき行為。ご迷惑をおかけした皆さま、地域の皆さまに深くお詫び申し上げます。今後は全職員一体となって信用・信頼の向上を図って参ります」とコメントしています。




放送日:2017年9月11日(月曜日)