ぶどうの出荷前に農家対象の説明会

JA上伊那は、今年初めて、ぶどうの受け入れを始めます。
7日は、11日からの出荷を前に、農家を対象とした説明会が箕輪町で開かれました。
JA上伊那箕輪果実選果場で開かれた説明会には、町内を中心に農家19人が参加しました。
JA上伊那では、今年からぶどうの受け入れを始めます。
ナガノパープルやシャインマスカットなど、種がなく皮ごと食べられる品種の需要が年々高くなっていることから、上伊那でも生産量を増やしていくということです。
説明会では、出荷規格などについて職員から説明がありました。
JAによりますと、上伊那のぶどう農家は現在およそ80戸で、伊那市、箕輪町、南箕輪村では、およそ30戸で栽培しているということです。
県内でぶどうの生産が盛んな地域は北信や東信ということですが、上伊那も栽培するのに適していて、さらなる収量拡大を図りたいとしています。
ぶどうの出荷は11日から始まります。




放送日:2017年9月7日(木曜日)