物流用ドローンの検証実験

自動運転による荷物を搭載したドローンの機体姿勢制御や遠隔監視・確認システムの検証実験が6日、伊那市長谷で行われました。 
実験は、ドローンを活用した物流を進める国土交通省、研究、開発をしている東京大学とブルーイノベーション梶A会場を提供している伊那市が行っています。
今回は、実験は今年3月に実施した実験に次ぐもので、今日は、ドローンポートと呼ばれる着陸地点を目印に自動で降りられるシステムの遠隔監視などの検証をしました。
道の駅南アルプス村長谷から離陸したドローンがおよそ400メートル離れた高齢者住宅に向け自動飛行しました。
今回は、道の駅内にある南アルプス長谷ビジターセンターに監視システムが設置され、監視員がドローンの様子を確認しました。
このシステムは、東京大学とブルーイノベーション鰍ェ共同開発したもので、風速や飛行状況、ドローンポートの状況が監視できます。
離陸からおよそ5分後、無事に高齢者住宅に着陸しました。
他に、ドローンポートに人が侵入した際に、機体が着陸しないように制御する実験も行われました。
ドローンポートに、センサーがついていて、Wi−Fiで機体に情報が通知される仕組みとなっています。
人が侵入している間は上空およそ40mでホバーリングし、人がいなくなると自動で降りてくるシステムとなっています。
物流用ドローンをつかった実験は11月にも長谷で行われることになっています。




放送日:2017年9月6日(水曜日)