伊那警察署で防災訓練

9月1日の防災の日を前に伊那警察署は大地震を想定した総合防災訓練を30日、行いました。
訓練は、午前6時30分頃、伊那市内で震度6強の地震が発生し、建物が倒壊するなどの被害が出たとの想定で行われました。
朝、6時30分過ぎに非常参集のメールが署員に送られました。
連絡を受けた署員たちは、次々に署に駆け付け、持参するよう指定のあった三角巾やノートなどの持ちもののチェックを受けました。
伊那警察署南側では、災害時に使う機器の訓練が行われました。
廃車車両を使い、エンジンカッターでドア部分を切ったり、窓ガラスを割って救出する方法を学びました。
また、留置所の犯人役の署員を避難させる訓練も行われ、人目につかないよう誘導し護送車に乗せていました。
伊那警察署では「万が一の地震に備え、落ち着いて迅速に対応ができるよう備えたい」と話していました。




放送日:2017年8月30日(水曜日)