南アルプスに多くの登山客

山の日から盆休みにかけての連休に入り、南アルプスには多くの登山客が訪れています。

標高2,032メートルの北沢峠にある長衛小屋オートキャンプサイトには、多くのテントが並んでいました。

南アルプスへの登山客の入り込みは例年7月後半から盆休みまでがピークです。
山の日の11日から12日にかけては200張のテントが張られたということです。 

伊那市長谷の南アルプス林道バス営業所です。

12日午前8時5分の便では、1台のバスに乗り切れず2台のバスが運行しました。

7月からきのう現在までの1日当たりのバスの利用者数の平均はおよそ430人でした。

山の日の11日は一日でおよそ千人が利用したということです。


林道バス営業所では「登山届をきちんと提出し安全に登山を楽しんでほしい」としています。




放送日:2017年8月12日(土曜日)