伊那弥生ヶ丘高校卒業30周年で記念同窓会

1988年に伊那弥生ヶ丘高校を卒業した同窓生でつくる「弥生88会」は、卒業30周年記念の同窓会を、11日に伊那市内で開きました。

A組からG組の7クラス310人のうち90人が同窓会に参加しました。
1988年に卒業し、今年で30年目になる事から、去年9月に同窓会の実行委員会を立ち上げ準備を進めてきました。
伊那弥生ヶ丘高校の卒業生は60歳の還暦の時に同窓会を開いていますが、30周年の記念同窓会を開いた学年は、今回が初めてだということです。
会場には、5人の恩師も駆けつけ近況を報告していました。
卒業生は今年度で48歳になります。
平澤賢司実行委員長は「家庭や職場でやりがいや生きがいを感じると共に、悩みや苦難も多い年齢です。同窓生が心をひとつにし今後の人生を語る機会になる事を願います」と挨拶しました。
会場では、高校時代の写真が、当時のヒット曲と共に上映されました。

参加者は写真を眺めながら思い出話に花を咲かせていました。




放送日:2017年8月12日(土曜日)