南箕輪村で死亡事故

8日、午後6時40分頃、南箕輪村の村道で軽自動車同士が衝突する死亡事故がありました。
伊那警察署の発表によりますと事故があったのは、南箕輪村の南信工科短期大学校前の村道です。
事故は、駒ヶ根市方面から運転してきた西箕輪の平澤俊子さん70歳の軽自動車と反対車線を運転してきた西春近の小田部(おたべ)陽子さん52歳の軽自動車が衝突したものです。
平澤さんは、首の骨が折れたことにより駒ヶ根市内の病院できのう午後7時48分に死亡が確認されました。
小田部さんは、胸の骨を折るなどの大けがを負いました。
事故の原因について伊那署では、平澤さんが対向車線をはみだしたとみて調べを進めています。




放送日:2017年8月9日(水曜日)