少年の塔慰祭を前に 環境整備

満蒙開拓青少年義勇軍少年の塔慰霊祭が5日伊那市の伊那公園で行われます。
4日は慰霊祭を前に小中学校の教諭およそ50人が草刈りや木の剪定を行いました。
満蒙開拓青少年義勇軍は、昭和13年から終戦までの間、満州開拓のために国や県が奨励したものです。
上伊那からは教育会が中心となり募集をとりまとめ約600人が満州に行き、91人が命を落としたということです。
少年の塔は、戦時中、満蒙開拓青少年義勇軍として大陸に渡り望郷の念にふける少年の像で昭和36年に建立されました。
上伊那教育会では、毎年慰霊祭を行っていて、今年はより多くの人にこの歴史を知ってもらおうと一般の参加者も募っています。
慰霊祭は5日午前8時から伊那公園内にある少年の塔前で行われます。




放送日:2017年8月4日(金曜日)