田楽座こども寺子屋発表会 

伊那市富県の歌舞劇団田楽座が子どもたちを対象に行っている民俗芸能のワークショップ「子ども寺子屋」の発表会が、今日、開かれました。
子ども寺子屋は、1日から3日間の日程で行われ、最終日の3日、子どもたちが成果を披露しました。
盆踊りでは伊那地域に伝わる伊那の盆唄や、下伊那地域のせっせ踊りなど3曲を踊りました。
民俗芸能ワークショップには伊那市を中心とする南信地域の小学1年生から5年生までの21人が参加しました。
3日間で太鼓や盆踊り、南京玉すだれを学んだほか、玉ねぎの汁を使って鉢巻を染めました。
発表では子どもたちが自分たちで染めた鉢巻を締めていました。
玉すだれでは、2人一組となって技を披露していました。
田楽座では、子どもたちに民俗芸能を知り楽しんでもらいたいと話していました。




放送日:2017年8月3日(木曜日)