音楽レク サポーター養成講座開講  

 歌謡曲などを使った音楽レクリエーションのリーダーを育てるサポーター養成講座が、23日、開講しました。
 養成講座には上伊那を中心に100人ほどが参加しました。
上田市などでサポーター養成講座を開講するなどして活動している伊那市在住の音楽療法士・春日くに子さんの呼びかけで実行委員会を立ち上げ、県の元気づくり支援金を活用し開催されました。
 今回講師を務めたのは、上田市の斉藤惠理子さんです。
 斉藤さんは、「パタカラ」の4文字の発声を続けることで誤嚥の防止につながるとして4文字をつかって歌うことを紹介していました。
 春日さんは「楽しく歌って体を動かすことは簡単にできる。皆さんに地域のリーダーになっていただき高齢化社会の中で活躍してほしい」と話していました。
 音楽レクリエーションサポーター養成講座は来年2月まで8回開かれ、修了者には修了証が贈られます。




放送日:2017年7月23日(日曜日)