南箕輪村の観光農園で園児がブルーベリー狩り

8月初めまで受け入れ予定

南箕輪村中部保育園の園児が21日、村内の観光農園でブルーベリー狩りを楽しみました。
南箕輪村神子柴で観光農園を経営している田中實さんのブルーベリー園では村内6つの保育園の園児を受け入れています。
地産地消を進めようと村営農センターが行っているもので21日は中部保育園の年長と年中園児が招かれました。
子どもたちは青く実ったブルーベリーを摘み取りおいしそうに味わっていました。
今年は雨が少なかったことなどから実は小粒で収量も例年より少なめだということです。
ブルーベリー狩りの受け入れは8月初めまでを予定していて3歳以上は500円、中学生以上は1,000円となっています。




放送日:2017年7月22日(土曜日)