そば専用の乾燥調整施設 JA上伊那が導入へ

早ければ今年の秋から稼働予定

JA上伊那は生産量増加と安定した出荷を目的に南箕輪カントリーエレベーター内に、そば専用の乾燥調整施設を導入する計画です。

南箕輪村神子柴にあるJA上伊那の南箕輪カントリーエレベーターの敷地内に、そば専用の乾燥調製施設を設置します。
事業費は約1億円で半分は国の補助金で賄います。
上伊那全域から夏そば、秋そばを受け入れ、平成28年度は287トンだった生産量を31年度には680トンまで増やす計画です。
これまでは米の乾燥機と併用していましたが、そば専用のものを導入する事で適切な時期に収穫する事が可能となります。
JA上伊那では、近年需要が増えている夏そばの生産量拡大にも期待できるとしています。
そば専用の乾燥調整施設は早ければ今年の秋のそばが収穫される9月下旬頃からの稼働を予定しています。




放送日:2017年7月19日(水曜日)