リニア開通の経済波及効果考える

リニア中央新幹線開通による経済効果について講演会が11日、伊那市の伊那商工会議所で開かれました。
講演では長野県リニア整備推進局長の水間武樹さんがリニア開業に伴う経済波及効果について説明しました。
長野県内を出発地または目的地とするリニア中央新幹線の1日平均乗降客数は推計で6,800人、また乗降客数をもとにリニアを利用して長野県を訪れる旅客数は5,300人を想定しているということです。
ほかに平成39年開業時の交流人口の消費による経済波及効果は年間336億円を見込んでいるということです。
水間さんは「JR飯田線は生活の足以外の位置付けが必要です。観光促進など地域からアイデアをいただきたい。」と話していました。
講演会は伊那商工会議所が開いたもので会社経営者など約60人が話を聞きました。




放送日:2017年7月16日(日曜日)