かんながけの技術を競う うす削り大会

大工や家具職人らが鉋(かんな)がけの技術を競う「うす削り大会」が16日、伊那市荒井のKOA椛フ育館で開かれました。

出場したのは全国の大工や家具・建具・鍛冶職人などおよそ75人です。

大会では、ヒノキやヒバなど各自が持ち込んだ長さ2メートルの木材を鉋でけずっていきます。

削りだしたものは「削り華(けずりばな)」と呼ばれ、千分の1ミリにあたる1ミクロン単位で薄さを競います。

この削り華は厚さ6ミクロンで、向こう側が透けて見えます。


うす削り大会は、技術の向上と伝承を目的に全国の木工職人らでつくる削ろう会が開いているものです。

長野県大会となる今回は長野県支部の信州鉋楽会が開きました。

県大会はこれまで松本市で開かれていましたが、2年後に伊那市での全国大会開催を目指し、今回初めて伊那で開かれました。

大会の結果、成人の部では5ミクロンで石川県の樫田憲一郎さんが、女性の部では7ミクロンで茨城県の池田智子さんが優勝しました。




放送日:2017年7月16日(日曜日)