市街地と登山口を結ぶジャンボタクシー運行

 伊那市の中心市街地と南アルプスの登山口を結ぶジャンボタクシーの無料運行が15日から始まりました。 
ジャンボタクシーは9人乗りで、JR伊那市駅前から伊那市長谷仙流荘前の南アルプス林道バス営業所まで結びます。
朝5時に伊那市駅前を出発し、仙流荘を6時5分発の南アルプス林道バスに乗り継げるようにしています。
運行初日の15日は、東京や名古屋方面から6人が乗車しました。
大都市圏の登山客のニーズに応えるとともに、前泊需要を生みだし、中心市街地と山岳観光の活性化につなげようと、山岳関係者や飲食店などでつくるアスタルプロジェクトが企画したものです。
15日は、出発式が行われ乗車した6人に記念品が贈られました。
運行期間は15日から10月8日までの土曜日と祝日前日の日曜日で、ハイシーズン中の7月31日から8月12日までは毎日運行します。
今シーズンは、団体や個人の協賛金を活用して無料で運行する計画です。
また、伊那市が去年試験運行した伊那と木曽間を結ぶバス「パノラマライナー」の運行が15日から始まりました。
パノラマライナーは、JR木曽福島駅と伊那市長谷の仙流荘を結びます。
去年、好評だったことから運行期間を23日間から51日間に拡充させた他、一日1往復だった便を2往復に増やしました。
伊那市では、中京、関西方面からの登山客の利便性向上につなげたいとしています。
南アルプスの登山道では、現在、色とりどりの高山植物が楽しめるということです。




放送日:2017年7月15日(土曜日)