芝平山絵図の虫干し

 伊那市無形民俗文化財に指定されている芝平山絵図の虫干し行事が、伊那市高遠町の栗田多目的集会施設で15日、行われました。
この行事は、江戸時代の山争いをきっかけに作られた絵図を1年に1回虫干しするものです。
15日は、山争いに関係していた高遠町の芝平、御堂垣外、荒町、北原、栗田、四日市場の6地区の代表などおよそ10人が集まりました。
江戸時代の1708年に高遠の6つの村と諏訪の12の村が薪や建築材として使う木材を目当てに、芝平山の境界を巡り争いがおきました。
絵図は、その争いを収めるため、幕府が境界を定め双方に渡したものです。
それ以降高遠側の6つの村は絵図を持ち回りで保管し300年以上にわたり虫干しを行っています。
参加した各地区の代表は地域で長年にわたり保管されている絵図を感慨深げに眺めていました。
行事の最期には次に絵図の保管を担当する四日市場区の代表が受け取り書にサインをしていました。




放送日:2017年7月15日(土曜日)