寒ざらしそば 15日から限定販売

江戸時代、高遠藩から将軍家に献上されたとされる「寒ざらし蕎麦」が15日から限定で伊那市高遠町のそば店4店舗で提供されます
江戸時代、高遠藩から将軍家に献上されていたとされる「寒ざらし蕎麦」です。
提供店舗のひとつ「壱刻」です。
店主の山根健司さんがあすからの提供に向け、試食し今年の出来を確かめていました。
蕎麦は、30秒から40秒、ゆでて完成です。
寒ざらし蕎麦は、高遠産の蕎麦の実を、寒さの厳しい大寒に殻のついたまま清流に浸します。
これは、江戸時代にそばの実を保存するために始まったとされています。
2月4日の立春に水から引き揚げ寒風にさらして乾燥させてからそば粉にする手打ちそばで、あくが取れて甘みが増すといわれています。
寒ざらし蕎麦は、そばの実のタンパク質を取り除き、でんぷんや糖分を多く含んだ粉を使います。
山根さんは、そば粉だけの10割でうつ為、手間がかかると話します。
今年は、あすから高遠町内の、壱刻、華留運、ますや、楽座 紅葉軒の4店舗で「暑中信州寒晒蕎麦」として限定販売されます。
各店限定150食で、1人前1200円です。




放送日:2017年7月15日(土曜日)