北京の小学生が伊那で交流

受け入れ農家の増加が課題

中国北京の小学生が14日西春近北小学校を訪れ児童と交流しました。
北京の小学生7人は13日伊那市に到着しインバウンドの受け入れをしている農家で一泊しました。
14日は西春近北小学校を訪れプレゼントを交換したほか工作をして交流しました。
引率の教諭は「日本のアニメは有名で中国でも人気です。子どもたちには国際関係を養う機会にしてもらいたいです。」と話していました。
伊那市観光協会によりますと昨年度のインバウンドの受け入れは78団1,929人でしたが宿泊先の農家の負担を少なくするため受け入れを減らしているということです。
農家民泊の登録をしているのは約70軒ですが実際に受け入れているのは40軒ほどだということで今後は受け入れ農家の増加に力を入れていく考えです。
北京の小学生は15日以降飛騨高山や京都の観光地を巡り18日に帰国するということです。




放送日:2017年7月14日(金曜日)