秋の味覚「サンマ」の初物 伊那の市場に入荷

秋の味覚「サンマ」の初物が、伊那市西春近の市場「丸水長野県水」に11日に入荷しました。

丸水長野県水に並んだサンマは、10日に北海道釧路で水揚げされたものです。
大きさは旬の時期の3分の2ほどですが、値は10倍の1尾1,000円がつけられました。

この日は丸水に通って58年、日課になっているという伊那市坂下の佐藤良一さんの姿もありました。
佐藤さんは「やっぱり初物は高い。中国産の影響もあると聞く。今少しすると値段も下がり良いものが出てくる」と話していました。

ここ数年は中国や台湾の漁船による乱獲により、サンマの漁獲数は減り、価格が上がっているということです。
今年は、今のところ海水温が例年より2度から3度低く、サンマにとっては良い環境になっているということです。
丸水長野県水・伊那水産グループの花塚和浩グループ長は「豊魚が期待されるのではないかと言われているが、実際にあがってみないとわからない。初物なのでサイズは小さいが、この時期にしては珍しいもの。価格もご祝儀相場になっている」と話していました。

本格的なサンマのシーズンは8月の盆明け頃からになるということです。




放送日:2017年7月11日(火曜日)