大手メーカーへ出荷用のジュース用トマト 研修会

調味料や食品の大手メーカーカゴメと契約しているJA上伊那のジュース用トマト専門部は11日、夏の収穫最盛期を前に出荷などについての研修会を開きました。

この日は、専門部のメンバーおよそ60人が、伊那市美篶末広でジュース用トマトを栽培する畑弘躬(ひろみ)さんの圃場でカゴメの社員やJA職員から説明を受けました。

専門部には、67戸の生産者が加盟していて、年間およそ700トンのジュース用トマトを出荷しています。

参加した農家は、収穫を前にトマトが日焼けしないようワラをかけたり、葉っぱをかけたりして日光を避けるようにするなど、具体的な対処法について教わっていました。

ある参加者は「手本になるような圃場で教わることができて大変勉強になった。参考にしたい」と話していました。

今年は例年に比べ10日ほど収穫期が遅れているということです。
カゴメの平林智授さんは「6月の朝晩の冷え込みで木が出来なかったのが生育の遅れにつながっていると思う。今ぐらいの気候が続けば収量も見込めると思う。7月20日までが勝負です」と話していました。

JA上伊那では、生産者ごとに収量の差が出ないよう、今後も定期的に研修会を開いていきたいとしています。




放送日:2017年7月11日(火曜日)