伊那北生が85チームを先導

夏の全国高校野球長野大会

8日開幕する夏の全国高校野球長野大会で、伊那市の伊那北高校の生徒が、開会式の入場行進の先導と開幕試合の始球式を務めます。
伊那北高校2年の桐山尚子さんです。
桐山さんは、来年8月に県内で初めて開催される、全国高校総合文化祭「信州総合文化祭」の生徒実行委員長を務めていることから長野県高校野球連盟から推薦されました。
部員不足で出場できないチームの選手や、野球に限らず活躍している高校生が選ばれています。
桐山さんは、吹奏楽部に所属していて、野球経験はありません。
そのため、先月から伊那北高校のブルペンで投球練習をしていて、監督や同級生から投げ方などの指導を受けています。
野球部員たちは、桐山さんの投げる様子を見守っていました。
桐山さんは、他に開会式で参加する85チームを先導します。
伊那北高校野球部は、今年34年振りのシード権を獲得していて、夏の大会での活躍が期待されています。
開会式は、午前10時30分、開幕戦は午後1時から松本市野球場で行われます。
尚伊那北高校の初戦は11日で、松商学園と小海高校の勝者と対戦します。




放送日:2017年7月6日(木曜日)