伊那市で木材利用のこれからの展開を考える講演会

鉄やコンクリートにかわる新たな部材開発を

地域の森林資源を地域内で使う仕組みをつくろうと、伊那市50年の森林(もり)人材育成協議会は、木材利用のこれからの展開を考える講演会を5日に開きました。

講師は国立研究開発法人森林総合研究所の大貫肇さんがつとめました。
「これからの木材利用の展開」をテーマに、利用促進と森林保全について話しました。
国産の木材の生産量は昭和42年をピークに減少し続けているという事で、「大規模建築物で木材が利用されるよう、鉄やコンクリートにかわる新たな部材を開発できるかどうかがこれからの課題です」と話していました。
「森林が富と雇用を支える50年後の伊那市」を基本理念としたビジョンを策定した市では、公共建築物に地元産材を取り入れる事や木質バイオマスの普及をさらに進めていきたいとしています。




放送日:2017年7月13日(木曜日)