立教大学野球部部長と監督による講演会

伊那立教会が開く

 立教大学野球部部長と監督の講演会が、1日、伊那市の信州INAセミナーハウスで開かれました。
 講演会は、上伊那地域の立教大学OB・OGでつくる伊那立教会が開いたもので、市内の中学校野球部員などおよそ130人が集まりました。
 立教大学野球部部長の前田一男さんと監督の溝口智成さんが話をしました。
 立教大は、1909年に創部し、1921年に東京六大学に加盟しました。
 OBには、読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄さんがいます。
 立教大は、今年の春のリーグ戦で、平成11年秋以来35シーズンぶり13度目の優勝を果たしました。
 部長の前田さんは、大学が目指す文武両道の精神について話しをしました。

 監督の溝口さんは、「人との比較だけでなく自分の力が増すことに楽しみを持って練習をしてほしい」と、集まった野球少年たちに呼び掛けていました。

 講演の最後には、リーグ戦のV2を願って伊那立教会から大学に米俵2俵が贈られました。




放送日:2017年7月3日(月曜日)