鳥獣被害額1億円下回る

昨年度の上伊那全体の野生鳥獣被害額が平成19年度以降初めて1億円を下回りました。 
28日、伊那合同庁舎で開かれた上伊那地区野生鳥獣保護管理対策協議会で報告されました。
それによりますと、上伊那地域の農林業の被害額はおよそ9,200万円で前年度に比べ1,800万円、平成19年度と比べて1億2,000万円減少しています。
市町村別では伊那市が3,400万円、箕輪町が2,600万円、南箕輪村が96万円となっています。
特に被害の多かったニホンジカについては県が定めた捕獲目標頭数3141頭に対して平成28年度は暫定値で3473頭を捕獲しています。
上伊那地区野生鳥獣保護管理対策協議会では「今年度も引き続き関係機関と連携して被害減少に取り組んでいきたい」としています。




放送日:2017年6月28日(水曜日)