パノラマオフィス 今年度中に設置へ

短期間のお試しオフィス

 伊那市は、都市部の企業などに短期間お試しのオフィスを貸し出す「パノラマオフィス」を、今年度中に設置する考えです。
 19日は、伊那市議会経済建設委員会が開かれ、市が計画を説明しました。
 パノラマオフィスは、都市部に活動の拠点がある企業または団体に、遠隔勤務ができる通信設備を整えたオフィスを短期間貸し出すものです。
 設置場所は、市が所有する市役所南東の空き地です。
 およそ150平方メートルの広さのオフィス1棟と、オフィスや居住スペースに使えるキットハウスを2棟建設する計画です。
 事業費はおよそ9,100万円で、このうちの半分を国の交付金で賄う考えです。
使用料についてはまだ決まっていないということで、一般の賃貸オフィスよりは低めに設定したいとしています。
 貸し出し期間は、最長で1年ほどを予定しています。
 市では、ゆくゆくは市内で起業してもらい、雇用の創出につなげていきたいとしています。
 パノラマオフィス建設の事業費は、6月議会の補正予算案に計上されていて、認められれば来年3月までに設置したいとしています。




放送日:2017年6月19日(月曜日)