箕輪町大出でさくらんぼ狩りはじまる

JA上伊那が運営する箕輪町大出の農園で17日からさくらんぼ狩りが始まりました。

25アールの農園には、およそ200本のさくらんぼの樹が植えられています。

初日の今日は60人の予約が入っていて、訪れた人たちが味わっていました。

現在は、甘みがあり酸味が少ない「佐藤錦」と、酸味が強くさわやかな「高砂」の2種類が食べごろです。

そのほか「紅きらり」や「紅秀峰」という品種は来週から楽しめるということです。

さくらんぼ狩りはJA上伊那が3年前からはじめました。

リピーターが多く、去年は県内外から500人ほどが訪れました。

受け入れは、7月9日までの火・木・土・日で、30分食べ放題で大人2,000円、小学校3年生以下は1,000円です。

予約はJA上伊那箕輪支所で受け付けています。




放送日:2017年6月17日(土曜日)