南ア林道バス 全線開通

高山植物など見ごろに

 夏山シーズンの到来です。
伊那市長谷の南アルプス林道バスの北沢峠までの全線運行が15日から始まりました。
 伊那市長谷の仙流荘前です。始発の午前8時5分発のバスには22人が乗車しました。
 南アルプス林道バスの運行は、4月25日から標高1,680メートルの歌宿まで開通していて、15日全線が開通となりました。
 バスは55分かけて、標高2,032メートルの北沢峠に到着しました。
 南アルプスは新緑の季節ですが、林道沿いにはまだ雪が残っています。
しかし、高山植物は見ごろを迎えています。
 幕岩の向かいのがけには、ピンク色が鮮やかなタカネバラが咲いていました。
 白岩には、ムシトリスミレ。かわいらしい姿をしていますが、葉の粘着力で虫を捕まえる食中植物です。
 バラとスミレはあと2週間ほど楽しめます。

 海を渡るチョウ「アサギマダラ」は恋の季節を迎えています。
春から夏にかけて、産卵・繁殖するため、秋口まではその姿を目にすることができるということです。
 南アルプス林道バスの運行は、11月15日までを予定しています。昨シーズンは、49,387人が利用しました。
 なお、仙流荘から北沢峠までの運賃は、片道1,100円となっています。




放送日:2017年6月15日(木曜日)