山室写真倶楽部が定例作品展 

四季折々の風景など55点展示

伊那市と南箕輪村の写真愛好家でつくる山室写真倶楽部の定例作品展が14日から伊那市西春近のかんてんぱぱホールで始まりました。

会場には、倶楽部員5人の作品55点が展示されています。
山室写真倶楽部は、40代から70代までの男女5人が所属しています。毎月1回例会を開いているほか撮影旅行なども行っています。
作品展は年に2回伊那図書館を会場に開いていて、かんてんぱぱホールでは2年に1度開いています。
出展作品にテーマは設けていませんが、国内外で撮影した風景を中心に人物や植物などが題材となっています。
代表の松村哲也さんは「四季折々の自然の風景を楽しんでほしい」と話していました。

山室写真倶楽部の定例作品展は20日(火)までかんてんぱぱホールで開かれています。




放送日:2017年6月14日(水曜日)