箕輪町ふるさと納税返礼品 秋口をめどに見直しへ

一般質問で町長が考えを示す

 箕輪町の白鳥政徳町長は、ふるさと納税の返礼品について秋口を目途に見直す考えを、12日に示しました。
 箕輪町議会6月定例会の一般質問が12日役場で行われ、議員の質問に対し白鳥町長が答えたものです。
 総務省は、自治体間でふるさと納税の返礼品競争が過熱していることを受け、今年4月に「資産性の高い電化製品などの取り扱い自粛」や「返礼率を3割以下にすること」などを各市町村に通知しました。
 町では現在、およそ100品目の返礼品を用意していて、昨年度は4,400件6,700万円の寄付がありました。
 このうち、国の示す返礼品にそぐわない品目に該当するのは、40%およそ3,000万円分でした。
 また、返礼割合が3割を超えるものは20品目で、全体の20%となっています。
 白鳥町長は、「事態の推移を見ながら冷静かつ慎重に対応していきたい」と話し、今後については「町の方針を事業者に説明したうえで秋口までに見直したい」との考えを示しました。




放送日:2017年6月12日(月曜日)