無農薬米づくり体験セミナー

無農薬米の栽培を体験するセミナーが4日、箕輪町南小河内の田んぼで行われました。

4日は東箕輪営農組合が所有する4アールの田んぼで、参加者35人がコシヒカリの苗を植えました。

セミナーは、北小河内と南小河内、長岡の農家で作る東箕輪営農組合が、農業に親しみ関心を持ってもらおうと開いているものです。

田んぼには筋引きという農機具で等間隔になるよう線が引かれました。

無農薬栽培は除草に手間がかかることから、通常より広い間隔でまっすぐに植えていきます。

こうすることで、除草機が使いやすくなるということです

セミナーは年間を通して4回開かれ、参加者は稲刈りや脱穀などを体験します。




放送日:2017年6月6日(火曜日)