初公開の縄文土器や小判が並ぶ

伊那市創造館の企画展

伊那市内で出土した初公開の縄文土器や小判などを並べた企画展が伊那市創造館で開かれています。
館内には旧石器時代から近世までの出土品が時代ごとに並べられています。
2015年、平成26年に美篶芦沢で発掘された縄文土器はほぼ完全な形で出土しました。
初公開となるこの土器は今から約5000年前のものと推定されています。
1967年、昭和42年に美篶笠原で見つかった25枚の小判と小判が入っていた磁器の一部も展示されています。
企画展ではほかに市内に425か所ある遺跡の地図もあります。
企画展はあまり知られていない遺跡の価値を見直そうと開かれているもので、M慎一学芸員は「伊那市の歴史を知るうえで価値のある出土品が並んでいる」と話していました。
この企画展は8月31日まで伊那市創造館で入場無料で開かれています。




放送日:2017年6月2日(金曜日)