高遠さくら発電所 自然エネルギーを世田谷に供給

高遠ダムから放流される水を有効活用した発電所「高遠さくら発電所」が完成し、30日に竣工式が行われました。

この日は、中島恵理長野県副知事や、白鳥孝伊那市長らが出席して、セレモニーが行われました。

新たに完成した「高遠さくら発電所」は、高遠ダムから毎秒およそ1トンずつ放流されている水を有効活用しようと、県内の発電所では17年ぶりに建設され、総事業費はおよそ5億円となっています。
水は、パイプを通って23メートル落下し、施設内の水車をまわして発電します。
年間およそ124万9千キロワット発電する計算で、一般家庭350世帯分の消費電力量に相当するということです。

さくら発電所でつくられた電気は、自然エネルギーの買い取りなどを行っている電力会社を通じて、東京都世田谷区の保育園などに供給されることになっています。
地方でつくられた電気が都市部に供給されるといもので、全国でも初めての電力供給の形だということです。

白鳥市長は「全国に先駆けた素晴らしい取り組み。世田谷区との交流が広がっていけば」と話していました。

保坂展人世田谷区長は「長野県と世田谷区にできて、他でできないわけがない。そういった意味でも全国に先駆けた素晴らしい取り組みになったと思う」と話していました。

式典で中島副知事は「自然エネルギーの利用が拡大することは、県の目指す持続可能な社会の構築につながる。あわせて世田谷区と電気を通じた交流が発展していけばうれしい」とあいさつしました。

県企業局によると、さくら発電所でつくられた電気は、「固定価格買取制度」対象の20年間でおよそ3億2千万円の純利益になる見込みです。




放送日:2017年5月30日(火曜日)