天竜川中洲でバイク耐久レース

バイクの2時間耐久レース「スーパーエンデューロ・イン天竜」が28日伊那市の天竜川中洲に設けられた特設会場で行われました。
レースには上伊那をはじめ関東や中京方面から70組・110人が出場しました。
大会は地元のバイク店有志でつくる実行委員会が開催しているもので、街の中心部で行われる国内でも珍しいレースだという事です。
午前中は市販車部門が行われ、仲間や家族とチームを組みレースを楽しんでいました。
1周1.5キロのコースを2時間で何周走れるかを競います。
選手たちは、途中、給油や選手交代しながら砂地のコースを走り抜けていました。
中には、オフロード用のバイクに混ざり、一般車で出場する人もいました。
実行委員会では「天竜川の地形を活かしたレースとして今後も続けていきたいです」と話していました。




放送日:2017年5月28日(日曜日)