伊那市 松くい虫被害過去最大

昨年度の伊那市の松くい虫の被害量は、平成18年度に被害が確認されてから、過去最大となりました。

16日は、市役所で「松くい虫対策協議会」が開かれ、関係者およそ20人が出席しました。

会の中で昨年度の松くい虫の被害量が報告されました。
報告によりますと、昨年度の被害量は2,847立方メートルで、これまでで最も多かった平成25年度よりも500立方メートル近く多くなっています。
伊那市では「暖冬だったことにより、被害を引き起こす寄生虫を運ぶ、マツノマダラカミキリの越冬数が多かったからではないか」と推測しています。

また会では、被害拡大を防ぐための伐倒駆除(ばっとうくじょ)や樹幹注入、樹種転換などを、今年度も引き続き行っていくことが確認されました。

会長の白鳥孝市長は「被害拡大に歯止めをかけるのは難しい。被害にあった枯損木の再利用方法など、一緒になって検討してほしい」と話していました。

伊那市では、効果を発揮している地区もあるという、ドローンを活用した農薬散布の効果や規制などについても、今後研究を進めていくことにしています。




放送日:2017年5月16日(火曜日)