江戸時代の民家活用し地域活性

地方創生で高遠城下町活性プロジェクト

伊那市は高遠町に残る江戸時代の民家、中村家と馬島家を活用し伊能忠敬が味わった料理を提供するなど地域活性プロジェクトに取り組みます。
このプロジェクトは地方創生拠点整備交付金を活用して実施されるもので事業費は1億4千万円。そのうち半分は交付金で賄われます。
中村家と馬島家の2つの拠点により集客を図るもので通年観光を目指します。
案として江戸時代の中村家で参勤交代の際、伊能忠敬も味わったとされる料理を復活させ提供します。
ほかには高遠地区でそば店出店の検討をするため試験店舗として場所を提供するとしています。
馬島家では江戸時代の文化を体験できるサービスを行うとしています。
またこれらを進めるため行政、商工会、地域住民、学校、金融が参加するプロジェクトチームを立ち上げる計画です。
これらにより桜の季節以外でも楽しめる高遠城下町をつくり集客につなげる考えです。
伊那市地方創生総合戦略審議会は地域に人を呼び込む活性化策について検討するため開かれたもので委員11人が出席しました。
審議会ではほかに昨年度の事業について、そばイベントの開催など35%が順調に行われ、山林資源の活用など36%が努力を要するとの進捗状況が報告されました。




放送日:2017年4月21日(金曜日)