南箕輪村行政評価委員会 4事業を「拡充」必要と評価

評価結果を唐木村長に報告

南箕輪村行政評価委員会は、村が平成27年度に取り組んだ32の事務事業を評価し、全てを「必要性あり」とし、このうち4事業については「拡充」すべきとしました。

19日、小森博人委員長らが役場を訪れ、唐木一直村長に評価結果を報告しました。

平成27年度の評価対象となった32の事務事業すべては「必要性あり」としました。
このうち「拡充」が必要とする事業は、防災対策事務、放課後児童クラブ運営事業、6次産業化推進業務、巡回相談・療育支援事務の4つです。
放課後児童クラブ運営事業は、こども館建設に合わせ、運営方針や目的、マニュアルを明確にし、保護者への周知をはかる必要があるとしています。

小森委員長は「子どもの数が増えている村ならではの課題については的確な対応をお願いしたい」と話していました。




放送日:2017年4月19日(水曜日)