春爛漫 高遠城址公園の桜が満開

日本三大桜の名所の1つ、伊那市高遠町の高遠城址公園の桜が、18日に満開になりました。
10日の開花宣言以降、気温の上がらない日が続きましたが、18日の伊那地域は最高気温が21.4度と5月中旬並みの陽気となりました。
高遠城址公園では開花が進み、満開となりました。
晴天にも恵まれ、県内外から多くの花見客が訪れていました。
公園内では、写真を撮る人や、シートを広げて花見を楽しむ人の姿が見られました。
高遠城址公園の桜は、青森県の弘前公園、奈良県の吉野山と並ぶ、日本三大桜の名所の1つとされています。
公園内の桜を管理する桜守の西村一樹さんに、あまり知られていないオススメの桜スポットを聞きました。
西村さんによりますと、例年は日の当たる公園南側から徐々に北側にかけて満開になりますが、今年はあまり差がなく一帯が同じ早さで花が開いたということです。
伊那市観光協会によりますと、雨風の強い日がなければ、今週末の22日・23日頃までは、楽しめそうだということです。


 西村さんオススメの桜スポット@
高遠閣の裏の堀から見上げると、桜のトンネルが見られます。

 西村さんオススメの桜スポットA
公園内南側のあずまや近くから桜と南アルプスを見ることができます。



放送日:2017年4月18日(火曜日)